2016年11月19日土曜日

2016年11月14日月曜日

自分の魂との語り合い♪

 誰も1人になりたくない。
 皆、何らかの仲間内に属していたいのだ。それも1つではなく、沢山の仲間内に属していたい。だから1人の人間が宗教団体や政党、○○クラブなどに属している。属すべきもっと多くの小さなグループが沢山ある。人は1日24時間、常に助けてほしい、かまって欲しい物なのだ。何故なら、偽物のアイデンティティは、助けなしには持ち応えられないからだ。

 1人になった途端、私は奇妙な不安を感じ始める。
 これまでずっと長い間、私は自分自身をこういうものだと信じていたのに、1人になった時、自分の中にもう一人の自分を感じる。それは、傲慢で狡賢くプライドの高いもう一人の自分。その存在に気づきどちらが本来の自分なのかさえ見極めづらい。ではいったい、私は誰なのだろうか?

 長年の抑圧の結果、本物が全ての姿を現すには暫し時間がかかりそうだ。
この時点で私はもはや偽物ではないが、しかし本物でもない。私は中間におり、そして未だ自分が何であるかを計り知らない。

 私が何かを行なう時、それは何であれ私の偽りの人格から出て来る。私のすべての行為はこれまでずっと長い間、その偽りの人格から出てきており、それは古い習慣になっている。習慣はなかなか死なない。

 私は、今迄愛して来た人や尊敬して来た人々、まわりの仲間達によって期待されて出来た偽りの人格で、あまりにも長い年月、その人格として生きてきた。彼らは別に意図的に私に悪いことをしたわけではない。ただ彼らは私にとって意識的な人々ではなかった。無意識的な人々が与えてくれる善意の意図は、毒に変わってしまう事もあるのだ。

 私は1人でいる時いつも、深い不安を感じる。
 それは突然、偽物の人格が消え始めるからだ。しかし私が長年見失ってきた本物の自分がしっかりと出現するには、もう少し時間がかかる。つまりはこれまでと今との間の溝に橋をかけなければならないわけで、こうした事実にもっと考慮しなければならないのだ。今それを構築している最中だ。

 私は、瞑想を知った。
瞑想は、もう一人の偽物の私を掻き消してくれる。瞑想は、本物を与えることもない。何故なら本物は与えたり奪ったりすることのできないものであり、私が本来持っているものだからだ。ゆえに、私の中の偽物を取り去る必要があるだけなのだ。

 瞑想とは、沈黙し孤独になる勇気のことだ。そうした中でゆっくりと、私は自分自身が持つ新しい資質を感じ始める。新しい活気、新しい美しさ、新しい価値観、そして新しい知性。それは誰かからの借り物でもコピーでもなく、私の内側にある。それは私自身の存在に根を張っており、私が臆病者でなければ、それはやがて花を咲かせ、実を結ぶ事と成る。

 人は、本来の自分自身を知ることなく死んではいけない。本当の自分自身とともに生き、本来の自分自身として死を迎えた時に自分の魂と話し合うのだ。
「いい人生だったかい?!」
「おう、楽しかったな♪」
「幸せだったかい?!」
「勿論さ♪」

 こんな事を自分に考えさせてくれたのも、人との出逢いに大きな感謝なのだ。








2016年10月14日金曜日

人の笑顔♪

 やっと出来たよ!ちょっとびっくりしているけど、喜んでくれている♪

何がかって?
「水素風呂と高濃度水素イオン液」
これを活用して、多くの方の身体のサビを取る。

心がどれだけ元気でも身体がガタついていては何も出来ない。
どれだけ素晴らしい発想があっても、動けなければ何にもはじまらない。

久々に「Barken通信21号」を創り多くの方や場所に届け置かせて頂いている。
その行く先々で私の水素生活話。

何しろ見本は私自身なのだ。
どれだけ私自信で効果が出たかを一目でわかるかのようしたつもりだ。
人一倍水素風呂に入って!





2016年9月13日火曜日

ホリエモンから学ぶ

堀江貴文「貧困だと騒ぐヤツは"札束"がカネだと勘違いしている」

cakes 9月9日(金)18時0分配信
『闇金ウシジマくん』を読むべきマンガ第1位に推す堀江貴文さん。書籍『ウシジマくんvs.ホリエモン 人生はカネじゃない!』で34のマンガ名シーンを厳選紹介している中から、そのベスト5シーンを特別公開します。
4回目は、第2位のシーン。日本の貧困率は16%を超え、いまや6人に1人が貧困層に分類されています。女性や子どもの貧困化も進み、先行き不安は広がる一方です。貧困の原因と対策について、語り尽くします。


●紙幣自体に価値がないことは証明されている

 人はカネがなくなると、入ってくる情報の質が悪くなり、思考力が落ちるものだ。そしてカネがさらに減っていく悪循環に陥り、結果的に悪いカネに頼らざるを得なくなる。
 カネがない悪循環に陥る原因は、環境がどうのという以前に、そもそも良質な情報を得る努力を怠っているからだ。

 情報は入ってくるものではない。こちらから、取りに行くものだ。仕事やカネで失敗し、いつまでも悪い環境から抜け出せないような人は、環境に負けたのではなく、単純に情報弱者なのだ。情報弱者だから、カネの本質というものをまるでわかっていない。

 おそらくカネを札束か、硬貨の山だと思っている。まったく違う。いろんなところで語っているが、あらためてカネの本質について説いておきたい。
 カネは大きく、狭義のカネと広義のカネに分けられる。多くの人がイメージするお金とは、たいてい狭義の方だ。日本銀行券。せいぜいドル、ユーロあたりの紙幣のことだろう。

 広義的には株券、土地の権利書も、カネと言える。換金性の高いもの、例えばブランドモノのバッグ、宝石とか、ゴールドもそう。Tポイントもカネと言えば、カネになるだろう。多くの人が価値ありと認めるものを一括して、誰でも万能で使えるようにしたのが紙幣、すなわちバンク・ ノートだ。

 成り立ちの歴史を遡っていくと、もっと本質が見えてくる。
 1897年、日本銀行は日本銀行兌換券を発行した。これは政府が同額の金貨と交換することを保証した、兌換紙幣だった。金本位制の始まりだ。その後、1931年の金貨兌換停止が決まるまで、金本位制の時代が続いた。
 この兌換券が日本の紙幣の元であり、紙幣そのものには何の価値もない事実を示している。兌換のシステムが、カネの始まりと言える。

 もともと、物々交換では効率が悪いからと、イスラム圏のユダヤ人が10~15世紀ぐらいにかけて、現在の流通貨幣の概念を生み出した。カネは物を交換する信用手形の機能を持った、人類の発明品だったわけだ。
 中国では、貝が貨幣として使われていた。カネに関する漢字に、貝偏が使われているのは、その時代の名残だ。なぜ貝だったのか。内陸地の広い中国では、金銀と同様、貝は希少性が高かったのだ。希少だからこそ、モノとしての信用が高かった。

 そして現代では、カネはモノではなく、デジタルデータでも代用できるようになった。
 私のように、日常の買い物手段はクレジットカードのみで、ほとんど現金を使わない人もいるだろう。カードがなくても、カネのやりとりをオンライン上で済ますこともできる。紙幣・貨幣そのものには何の価値もないことの証明だ。

●カネは信用を数値化したものにすぎない

 すなわちカネとは、信用だ。モノを手に入れる、人に貸す、ビジネスを進めるなど、必要な求めに応じてくれる信用を、国家が数値で保証している。モノとしての実体なんて、別になくてもかまわない。
 信用、それ自体が本質なのだ。

 だから「カネがなくて困っている」というのは、「信用がなくて困っている」という意味と同じだ。一時的に借金をすれば、解消できるわけではない。

 信用をいかにして取りもどすかという考え方をしていかないと、カネで困る人生は、いつまでも続く。

 銀行預金についても、多くの人は誤解している。通帳に記帳されている残高は、あなたの貯金ではなく、銀行への貸付金と捉えるべきだ。銀行に貯金するのは、銀行にお金を貸しているということ。その対価として利息を受け取っている。

 銀行のバランスシートでは、負債の部に預金があり、資産の部に現金が計上されている。銀行から見ると、預金は負債ということ。そして銀行は、負債を企業だとかいろんな組織に貸し出し、そのスプレッド(金利差)で稼いでいる。銀行にとっては一般市民の預金は負債という扱い。この事実は意外なほど、常識とされていない。

 カネとはそういうものだ。貯金だと思っていたら、負債だったりする。
 1万円紙幣はあくまで紙切れにすぎず、その紙切れ自体に1万円の価値はない。あくまで1万円の消費活動を可能にする、信用が付与されているだけのことだ。

 実体があるようで、まったくない。それがカネの正体だ。

●あなたが進めている取引も詐欺かもしれない

 カネは実体のない、単なる概念。なくなったら借りればいい。ただし違法なカネ貸しは論外。他に安全な借金は、いくらでもある。言いたいことはそれだけで、ほかに本質はない。
 でも、やっぱり世間の人たちは、札束がカネだと勘違いしていて、財布の中の紙幣を殖やしたがる。言ってみれば、「お札教」が、世界で最も影響力のある宗教なのかもしれない。

 お札信奉者たちは、マインドコントールにかかったかのようにカネ、カネと唱え続けている。ウシジマや現実社会の詐欺師たちは、そういった人々の信仰心を巧みに利用して、搾取や詐取、闇ビジネスを展開しているのだ。
 信じていて幸せだというなら、仕方ないけど、お札教の影響力はあまりにも強いから、アホみたいな詐欺師が、何の苦もなく大儲けできる世の中だ。

 残念ながら、詐欺師たちは、信用を巧みに捏造できる生き物だ。捏造だろうと何だろうと、信用が得られれば、カネを動かすことは難しくない。
 詐欺は違法には違いないのだが、何をもって本当の信用なのか詐欺なのか、はっきりした境目が存在しないから厄介だ。あなたがこれから進めようとしている仕事の取引だって、100%その可能性を否定できないはずだ。

 本当は詐欺または詐欺的な行為なのに、信用のプレゼンが上手いだけで、社会的な地位でも経済的にも大成功している輩は大勢いる。逆に本物の信用に足るビジネスをしているのに、周りが「あいつは詐欺師だ!」と言い出すと、途端に詐欺師としか見られなくなってしまう。私などは、かなりひどく叩かれた方だ。

 詐欺師が人を騙す信用の構造と、人々がカネを盲信する構造は、皮肉なことに、よく似ている。どちらも実態のないものが、ありがたがられている。
「価値がある」「保証されている」と世間の誰もが言うから、信用しているにすぎない。信用の本質の部分は、必ずしも問われていないのだ。
堀江貴文

2016年8月15日月曜日

教育の大切さ♪

 今の学校教育に疑問をお持ちの方は、多いのではなかろうか?それともそれすら疑問に思わなくなるぐらい愚民化されているのだろうか?

 先日ビラ配りしていて偶然立ち寄った学校の校長先生の素晴らしさに胸を打たれた。
「当校は、不登校ゼロです!」
キッパリと言い切ってくれた。そして不登校ゼロを実現する為には、それ相応の努力をしている。そんな様子をお聞きしながら気付いた事は、
「この校長先生、生徒を全力で愛している!」
って事。こんな先生今時なかなかいませんわ。ともすれば事なかれ主義、自分の立身出世ばかりを気にする方々ばかり。

 どこからおかしくなったのかはよくわからないが、今の学校教育はまるでところてん。
決められた枠に入れられ、揃ったところでおんなじ形に押し出されていく。考える事は、どこの大学行ってどこに就職して・・・勿論悪い事ではない。が、これではあまりに夢が無かろう。

 ちょっと変わった形のところてんに成ろうとすると、摘み取られる。
邪魔者なんでしょうね、面倒なんでしょうね、そして怖いんでしょうね~

 私は、十人十色みんな個性があるんだから、それを十分に活かしていける世の中にして行きたい。産まれながらの素質とその後の教育によって培われるもの、その土壌の充実が望まれる。そんな事を考えていた時にこの校長先生との出会いは大きな意味を持っている。
まだまだ佐野も捨てたもんじゃないですな♪



2016年7月28日木曜日

見つめ直していけば自ずと

 私たちがこの世界を変えたいと願っているなら、いくつかの事は考えておく必要がある。先ず、自分が他の人を変えようと思っても、他の人は変えられないと言う事。そしてまず最初に認識しなければならない事は、自分の愚かさと人間の愚かさを知り、先ず自分から変えて行くと言う事。私が信じている真実でさえも実際は自分で作り上げている。その真実は、どこにもないって所からはじめなければ、何にも変化しないでしょ。と書きながらも自分自身に問いかけている。「出来るのか?俺」
 重要な事は、事実でもなく真実でもない。
複数の観点から事実に近い物や従うに値するものがあるかもしれないが、結局最も大切なのは「情熱と行動」なのだ。愛があってもその愛は、既に愛ではないのです。意志は意志のままでは既に意志ではなく、「行動」を伴って初めて意志として具現化する。
 そう考えて行くと、現在の全ての人たちが今の所平和や喜びを手に入れる資格はない。それを自覚するところから真の平和や喜びが近づいてくるのではなかろうか?!

使い辛そうなビルだわ~

2016年7月15日金曜日

義理と人情♪

 そんな政治家がいてもイイのかもしれない。
義理って言う物は、ただ単に義理があるのではなくお世話になった恩返し、要は感謝の気持ち。
人情ってのは、もっと心の温まるひとを思いやる想い。

 薄々気づいていたが、やはりもう「心の時代」が来ている。
「愛と平和」もそうだが、ひとの心、心持が一番大切なんだと思う。お互いを思いやる心の上には、決して争い事は起こらない。
 また逆に「怒り」をもって料理でも作ろうものなら、とんでもない物が出来上がってしまうし食べる側も大きな迷惑。

 今年はどうやらそんな御仁に巡り会えているようだ。
そして心の痛みまでをも体現、実感出来るお方にもお会いできた。


2016年7月13日水曜日

気になって仕方ない・・・

愛と平和♪

 今日の内容は、「愛」について。
人前で「愛」について憚りながら話せるような時代なのか?それとも話さざるを得ない状況なのか?
今年私は「愛」を語る二人の人にお会いできた。


「あなたがこれから生きていって、もし誰にも相手をされなくなったり、死にたくなったりしたら私を思い出してください。私は必ずあなたを“愛してます”心から愛してます。忘れないでくださいね♪」その口調は優しく慈悲深く心に響き、私の目頭を熱くした。

このお方、11月頃佐野にお招きできるかと♪


「私は皆さんを“愛してます”皆さんも私を愛してください。」
このお二人もいずれ佐野にお呼びしますわ!必ず♪

「愛」を語るのはどうも照れくさい物がある。が、今また新しい時代への転換期のようだ。愛と平和を真面目に正面切って話していかなければならない様なのだ。

2016年7月10日日曜日

投票の重さ

 成人してから何回投票して来ただろう?多分ほぼ全て出来る選挙は投票して来た。大きな希望を託し投票し、いつの間にか化けの皮がはがれ無残な心持になってきた今までの選挙。後悔ばかりの様な気がする。そして一度なりとも投票する側ではなく、投票される側に出た経験は大きい。

 特に今回は、国の根幹にかかわる最後の選挙なのかもしれない。18歳以上が初めて持った選挙権、余りにも難しい選挙?に彼らは迷わないだろうか?!自分たちに指針を示してくれる人を本当に選ぶことが出来るのだろうか?!

 私は出会えた。
本当の意味で方向性を示してくれる、今の私の羅針盤の様な青年に。年が上であれ下であれ構わないのだが出来れば若者の方がヨイ。それに地方から呼応するように追いかけようと考えている。もう何にも恥ずかしがらず、自分の言いたい事、伝えたい事を正々堂々と言って行こうと決意させてくれた命懸けの野武士に。


2016年7月2日土曜日

制服向上委員会?!


こんなのが存在すろk戸自体ビックリしている。背景にどんな組織があるのか全然わからないが、が、こんな歌を歌ってしまっている彼女たちに素直に一票。
その背景を知った後でも拍手を贈れるような物であってほしいし、自分でありたい。

2016年6月30日木曜日

7月2日(土) 選挙フェス 渋谷

清々しい想い♪

 あっちに尻尾を振り、こっちの良く思われようとしてきた、そんな日々に決別。自分のすべき道はやはりこの道なのだと確信した。思いの丈をこれだけはっきり言ってくれる人は他にいないだろう。
三宅洋平
前回の参議院選挙に緑の党から出馬。私と母は迷わず彼にいれた。
そして今回、余りにも素晴らしいスピーチに、私は目頭が熱くなった。
この男、命懸けだぞ!
今迄自分が躊躇していた事を、エイッ!とばかりにはじめてしまうバイタリティー
集まる仲間達。見習う点ばかりだ。が、今回は本気で堀の外からでも応援する。

今変えなきゃ、この国は、政治は、国民は
もう後戻りできなくなっちゃうから。
だから7月2日、渋谷に行こうと考えている。
選挙フェス自体は見られないが、絶対に行く価値が私にはある。

なにがどうあれ、国民全員が選挙に行けばいいんだよ。
投票率100% 凄くねぇ~
魅力ある選挙なら、このぐらい目標にしなくちゃね。
そして最後がこれだ。
今回、何が何でも自民党以外の人たちに入ってもらわなければならない。
その旗手が私には“三宅洋平”に見えている。




2016年4月18日月曜日

枠の中の民主主義?!

徐々に狭められてきて今更気づいても遅い。
知らぬ間に囲われた枠の中でしか生きて行けない自由。
考える事も行動する事も、何をしようが何を発想しようが全く自由の筈のこの国が気付けばとんでもない規制だらけになっている。

特にこの4月から、安倍政権に批判的なキャスターはニュース番組から一掃された。テレビ報道は、かなり危機的な状況に。テレビ報道はもう報道ではない。NHKはニュースが偏向しているし、安保法制の大事な国会審議を中継しなかった。権力に最も抵抗しなければならないのは報道。そこが崩れたら、この国は終わり。自由な発言ができなくなったとしたら、日本は未開の国と同じになる。
今重要な選挙が!
北海道5区は与党が負けるんでしょう。衆参ダブルもやれない。議席が減るのは明らかですから。安倍政権はどんなに頑張ったって、あと1年も持たない。株価は1万円台でジリジリと値を下げ、円高も進行。輸出産業はバタバタと赤字を計上。経済政策の破綻は隠しようがなくなる。潮目が変わった。

2016年4月11日月曜日

敬愛するムヒカ元大統領♪


この演説に心揺さぶられる多くの人がいるって事は、まだまだ捨てたもんじゃないかもしれない♪
ムヒカ元大統領の国民へ向けられる優しい目、ちょっとやそっとじゃ出来ないよ。

2016年4月10日日曜日

今私が、本当に思う事は、

こんな事なのではなかろうか?
色々な方の意見やら何やら聞いたり見たりして来てやっと合点の行くものに出会えたようだ。
与国秀行。
語りかける言葉、発声、声量共にバランス悪いが為に誤解をただただ煽っているかもしれない。が、その内容が素晴らし。

2016年4月4日月曜日

ゴイム達よ、これからだ”!

トルーマンの有名な言葉
「猿(日本人)を『虚実の自由』という名の檻で、我々が飼うのだ。方法は、彼らに多少の贅沢さと便利さを与えるだけで良い。そして、スポーツ、スクリーン、セックス(3S)を解放させる。これで、真実から目を背けさせることができる。猿は、我々の家畜だからだ。家畜が主人である我々のために貢献するのは、当然のことである。そのために、我々の財産でもある家畜の肉体は、長寿にさせなければならない。(化学物質などで)病気にさせて、しかも生かし続けるのだ。これによって、我々は収穫を得続けるだろう。これは、勝戦国の権限でもある」
これがトルーマンの有名な言葉として残っている。原文がどんな形かなど私にとってはどうでもいい。重要なことはいまこの通りになっているか否かである。現在はアメリカとイスラエルが主だが、日本を支配しようとしてきた勢力はずっと昔から同じことを繰り返してきた。顕在化したのは戦国時代であり、彼らの支配がうまく回り始めたのが明治時代だ。そしてそれが完全に奴隷国家建設として成功したのが大東亜戦争以後といえるだろう。

2016年3月25日金曜日

食に関しては、

絶対的な自信がある♪
何故なら、人体実験宜しく私の母親でそれを実証して来ているから。

 ちょっと詳しく話せば、
母親が何処に行っても見て貰えず門前払い。入院は勿論出来ず、挙句の果てには薬さえなかったのだ。健康がすぐれなければ、やはり薬に頼るのが通常。今考えればその時、薬漬けに成らなかったのが良かったのかもしれない。不幸中の幸いなのかもしれない。

私はやるしかなかった。
「母親、覚悟しろよ!」
「あんた、何を覚悟するんだい?」
「これから食事だけでどうにかするから!」
「・・・」
衰えているから入れ歯も合わなくなってきていたので、全てを柔らかくしての食事を。
1日2食程度、出来るだけその時の母親の状態に必要な物を考えての調理。
いっぱい食べてくれればその時は嬉しいが、入れれば出る。
そう、排便の始末もしなければならなかった。全部が全部ではないが、たまにとんでもない事に成っている。誰もやってくれないから俺がやるしかない。文句をブツブツ言いながら、でもやる。

そんな事の繰り返しを3ヶ月続け、母親は見事回復♪
医者でさえビックリしていた。


 食事がいかに大切であるか私は、身をもって知っている。子供達に何を食べさせたらいいか、大人たちは今一度考え直さなければいけない。放射能も添加物もそして遺伝子組み換えも決して子供たちの口に入れてはならないのだ。

2016年2月14日日曜日

立ち位置

 色々色々動き回って、四苦八苦、試行錯誤して来たこの3年間。結果から言えば何も成果が得られなかったのかもしれない。結果が、人の賞賛が欲しくてやっているわけではない。が、何か励みが欲しい。ほんのちょっとした励みが・・・。
結果としてまだまだ動き回る事に変わりはないのだが、最近フッと思う事がある。
「私なんかが何もやらない方が良いのかもしれない。やった所でな~んにも変わらないのかもしれない。」ってね。日々、母親の介護と自分の店の事をもっともっと精一杯やればいいんじゃないのかってね。その他の事は、上の方々の好き放題やられてればいいんじゃないかって。
 そんな事と夢や理想を日々天秤計りに掛けている自分。あっちが重くなったりこっちが重くなったり、それは拮抗している。そんな中最近見出したのが、自分の本来あるべき立ち位置。
今迄は、「市議になって街を善くする」とかのお題目に自分の不甲斐無さ(経済的、社会的)を隠そうとしているかのように思えた。が、先ずはここから正さなきゃ、だろ。次の選挙までそう時間はない。が、私が本来あるべき、やるべき自分を取り戻さなければ一般市民は、私の様な候補者に投票などしないし、する気も起きない。

 どんな状況下でも変わらない自分の意見。
先ずは、
エネルギーの地産地消
世界中の戦争全てと言っていいほど、エネルギー資源の争奪の為に起こっている。もしそのエネルギーが各地で生産自給来たなら一切の争い事が無くなる。至って単純な事と認識している。その理想形としてこの風力発電を一つ提案したい。今迄の欠点をすべてクリアした風力発電だ。

次に原発、
これは即時撤退。
何よりも前に、東京オリンピックの前に、経済最優先の前にやる事があろう、日本よ!
放射性廃棄物の日本全国拡散ではなく、一か所に集中させなければ将来の日本人が全てよじれてしまいかねない。それが狙いなのかもしれないが・・・。一定の範囲(20kmとか30km)に全ての廃棄物を集めなければならない。
それよりも何よりも今更だがやらねばならぬ事がある。
世界中の科学者の粋を集めて福島原発をどうにかしなくてはいけない。封じ込める為に。本当の意味でアンダーコントロールと言えるには100年で出来るのだろうか?そんな日が果たして来るのだろうか。
原発に触れたのでもう一つ。
「もんじゅの解体」を大至急提言する。ここが狙われたら日本ではなく地球が終わってしまうかもしれないからだ。

 もし市議にでもなっていてこれを書いたら飛んでも批判を食うのかもしれない。がもしなっていても書く事を躊躇う気は毛頭ない。

 次に食べ物に関して。
これは次回に回すとしよう。何故なら、長いから♪

ではまた☆健

2016年1月11日月曜日

佐野よこ丁会議

 動き出しますか♪ 
自分達の街の為に、未来の為に。

 先ずはみんなで夢を語り、その後どうやったらその夢に近づける事が出来るか、真面目に考えて行こうと言う会議。出来るだけ多岐に渡った職種の方々と10代から80代までの年齢層で構成して行く。人数は多ければ多いほど面白い。多くの意見が聞けるって事が一番重要なのだ。今月完全な下準備。来月から始動する。